第17巻 関 明夫詩集
『みらいのおとなへ』

1,400円

品番:ISBN978-4-88330-017-4
発売開始!

よわくちいさなものによりそう詩集

この詩集は詩人である奥主榮さんがはじめて本名の関明夫名義で、「みらいのおとな」たちにむけてかきおろした本です。過酷な現実をようしゃなくえがいてきた作者が、はじめて過酷さをしりぞけ、生きることの夢や希望をかたることにした詩集です。

関さんは小さなときから暴力をふるわれることのこわさをくりかえし体験してきました。作者のなかでは、公園のすべり台からおとされ、路上で石をぶつけられていた、半ズボンすがたのじぶんが今もたちすくんでいるといいます。でもそんな苦しい思い出をもっているからこそ、ほかのだれかがどんなつらい気もちをあじわっていたかが想像できるのです。よわくちいさなものによりそい、一人ひとりのうけてきた一つひとつの痛みに敏感でいられるのです。

じぶんがたくさんひどいめにあい、生きることの過酷さをしっているからこそ、つたえることのできる夢や希望があります。この詩集をよんで、ぜひそんな作者のこころや思いにふれてください。

●A5判並装・本文112頁 1400円+税
●お届けはご注文の日から4日前後になります。
amazonでもご注文いただけます。
    サンプルを試し読みする(パソコン対応)
  • Webブラウザ(Chrome、IE、Firefox、Safari等)で擬似ePub版サンプルが読めます。
  • * iPad等タブレット・タイプでもご覧いただけます。その場合、文字サイズ「大」が適当です。文字サイズ設定は画面右上のTTアイコンで可能です。
  • Webブラウザ標準装備のFlashPlayerによりリアルブック感覚でサンプル作品が読めます。
  • * iPadほか一部タブレット・タイプではご覧いただけない場合があります。

お支払い方法

代金引換 (定額代引手数料・税込305円/送料無料)




特定商取引法に基づく表示個人情報保護方針運営者情報|お問い合わせ
   (C)copyright 2017~ Monochrome Project all rights reserved. gce02534@nifty.com
.